ORICON STYLE

新旧の人気者が集結! 最強の美女&イケメンキャラクターランキング
ORICON STYLE
そこで、ORICON STYLEでは、10~50代の男女を対象にアンケート調査を実施。果たして世代を超えて愛される美女&イケメンキャラとは! ... また、浮気者の主人公・諸星あたるを一途に愛する姿や、「ダーリンっ!」、「○○だっちゃ」といった、ならではのしゃべり口調も“最強美女” ...

and more »


ニフティニュース

「3年目の浮気」って本当なの?【人妻みひろコラム】
ニフティニュース
20代から60代で、浮気・不倫をしたことがある男女311名への調査で、もっとも多かったのは、「結婚・お付き合いをしてから5年目以降」。浮気した人の3割以上が、5年は我慢するようです。 1年以上3年未満も2位に入ってはいるものの、「3年目の浮気」はウソだった? 結構長い ...


インフォシーク

楽天WOMANトップ > ニュース > 恋愛 > 2位罪悪感よりも!夫が「浮気を後悔した理由」1位に反省の色なし
インフォシーク
というのはありそうです。 では夫は浮気をした後に、後悔をするのでしょうか? そしてその場合、後悔する理由はいったい何でしょうか? 今回は、既婚男性500人を対象に『WooRis』が実施した独自調査の結果をご紹介します! □浮気をして後悔していない夫は、なんと8割以上!
バレたら「浮気と同じくらい許せない」妻の秘密…3位タバコより危険な1位は?BIGLOBEニュース

all 3 news articles »


livedoor

子供が2人は一番危険?「結婚生活の満足度」と子供の数に関係性
livedoor
という気持ちが、離婚にブレーキをかけている妻もいそうです。 じつは、『AM総研』が1,844名の女性に行ったリサーチによって、子どもの人数と夫婦の幸福度には大きな関係があるという衝撃的な事実が発覚したのです! さっそく、同調査をもとに子どもの数と幸せな結婚生活の ...
「結婚生活の満足度」と子どもの人数の意外な関係!最も満足度の高いのはBIGLOBEニュース

all 2 news articles »


J-CASTニュース

不倫男ほど妻を大切にするってホント?
J-CASTニュース
あくまで心理学研究なので、「不倫」「浮気」といった「社会悪」と決めつける言葉は使わず、「婚外恋愛」という中立的な表現を用いている。 論文は冒頭、女性誌「婦人公論」の調査を引用、「日本人既婚男性の婚外恋愛経験者は50.8%」という衝撃的な数字を紹介する。一方、離婚 ...


インフォシーク

楽天WOMANトップ > ニュース > 恋愛 > バレたら「浮気と同じくらい許せない」妻の秘密…3位タバコより危...
インフォシーク
ところが、日常生活において夫たちが「発覚したら、浮気と同じくらいショック……」と感じてしまっている妻の秘密もあるんです……! そこで今回は、『WooRis』が500名の既婚男性に実施した独自調査結果をもとに、結婚後に発覚したら浮気と同じくらい夫がショックを受けちゃう妻 ...

and more »


ORICON STYLE

伊藤歩、情念漂う“悪女”役で光る存在感
ORICON STYLE
うっすらと夫の不倫に気づいているんですが、あえて『まさか浮気なんかしてないよね? そんなことしたら私、殺すよ? 相手の女…』とうそぶく。さらに不倫相手の紗和(上戸)には、般若の形相で罵倒する。最終的には夫に接触したら、私(伊藤)が死ぬまで慰謝料を月30万円払わ ...

and more »


ニフティニュース

ひと夏の恋でも相手にしたくない男!「同級生」よりイヤな1位は
ニフティニュース
夏は気分が開放的になりますし、アウトドアなイベントや遊びも多いのでラブに積極的になれる女性も多かったのではないでしょうか!? でもサマーマジックにかかったかのように、秋になった瞬間に「え?私、なんでこんな男が好きだったのかしら」と冷静になってしまうのも、ひと夏の ...

and more »


AbemaTIMES

車の中からブラジャーの紐?…浮気疑惑を生んだ意外なアイテム【探偵!ナイトスクープ】
AbemaTIMES
では、車の中からブラジャーの肩紐を発見してしまった主婦が、夫の浮気を疑い、調査を依頼するという穏やかならぬ内容に。そこで長原探偵が依頼者の元へと向かい、実物を確認すると、たしかにそれはどこからどう見てもブラジャーの紐にしか見えない代物であることが判明。


AbemaTIMES

車の中からブラジャーの紐?…浮気疑惑を生んだ意外なアイテム【探偵!ナイトスクープ】
AbemaTIMES
では、車の中からブラジャーの肩紐を発見してしまった主婦が、夫の浮気を疑い、調査を依頼するという穏やかならぬ内容に。そこで長原探偵が依頼者の元へと向かい、実物を確認すると、たしかにそれはどこからどう見てもブラジャーの紐にしか見えない代物であることが判明。